ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2008年02月26日 14時15分 UPDATE

レッシグ教授、連邦議員への出馬見送り

米下院議員への立候補を検討していたローレンス・レッシグ教授が、出馬しないと決定した。

[ITmedia]

 クリエイティブ・コモンズライセンス創始者のローレンス・レッシグ氏は2月25日、米連邦議員には立候補しないと発表した。

 同氏は先週、カリフォルニア州第12選挙区の下院議員補欠選挙に立候補するかどうかを検討していることを明らかにした。検討の結果、立候補を見送ることにしたという。

 レッシグ氏はその理由について、勝てる見込みがないことを挙げた。対立候補となるジャッキー・スペア氏は人気が高く、政界では無名のレッシグ氏が4月の選挙までに対抗することは不可能だと説明している。

 同氏は「負けるのは悪いことではない」としながらも、大敗すれば、政治腐敗に反対する同氏のキャンペーン「Change Congress」に悪影響が出るため、出馬は効果的な戦略ではないと話している。

関連キーワード

選挙


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.