ニュース
» 2008年02月27日 17時38分 UPDATE

NTT東西のNGNサービスは「フレッツ光ネクスト」

NTT東西のNGNサービス名は「フレッツ光ネクスト」に。ハイビジョン相当のテレビ電話サービスや、QoS付きの動画配信サービスなどが可能になる。

[ITmedia]

 NTT東西地域会社は2月27日、次世代ネットワーク(NGN)を活用する商用サービスの名称を「フレッツ光ネクスト」とし、3月末から一部地域で提供を始めると正式発表した。個人向けサービス料金は原則従来と同等とし、ハイビジョン相当のテレビ電話などの新機能を追加する。

 フレッツ系、ひかり電話系サービスは3月末、東京、神奈川、千葉、埼玉と、大阪のそれぞれ一部地域(NGNフィールドトライアル実施エリア)でスタート。NTT東は08年度第3四半期までに政令指定都市、県庁所在地級都市で、NTT西は08年度中に大阪06エリア、政令指定都市、県庁所在地級都市の一部でも開始。それぞれ10年度末までに、現行のフレッツ光サービスエリアまで拡大する。

photo NTT西の資料より

 名称は「光サービスのトータルブランドである『フレッツ光』の浸透度を踏まえた」としている。料金体系は基本的に既存サービスと同等。新機能として、ひかり電話のテレビ電話にハイビジョン相当の高画質版(105円/3分)を追加するほか、音声通話に高音質版も追加する。フレッツ光ネクストの接続サービスのうち、事業所向け(ビジネスタイプ)の最大通信速度は「おおむね1Gbps」とする。

 コンテンツ事業者向けに、通信品質保証(QoS)付きの地上デジタル放送のIP再送信用サービスとユニキャスト配信サービスも追加。ユニキャスト配信は、既存のユニキャストサービスと料金が同等ながらQoSがつくのが特徴(個人ユーザー側には月額210円が加算される)。QoSによりユーザーが快適に視聴できるな動画配信サービスなどが展開できるとしている。

関連キーワード

フレッツ | NGN | NTT | テレビ電話 | ひかり電話


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -