ニュース
» 2008年02月28日 20時33分 UPDATE

Yahoo!検索語データを無償提供 研究プロジェクト向けに

Yahoo!検索の検索語データを研究用に無償提供することでNIIと合意した。大規模な検索語データの研究利用は国内初という。

[ITmedia]

 国立情報学研究所(NII)は2月28日、Yahoo!JAPANの検索語データを研究用に無償提供することでヤフーと合意したと発表した。大規模な検索語データの研究利用は国内初としており、新しい検索技術の研究が進むと期待している。

 文部科学省が補助するプロジェクト「情報爆発時代に向けた新しいIT基盤技術の研究」(代表・喜連川優東京大教授)に参加する研究者に、NIIを通じて4月から提供する。

 Yahoo!検索の検索語から、実際に検索された上位1万件の検索語と検索回数を抽出して提供する。NIIは「現実の検索エンジンに投入される検索語の特徴の分析が進めば、新しい検索手法の研究への大きなインパクトが期待できる」としている。

 3月3日に東京・秋葉原で説明会を開く。試作システムのデモなども行う。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -