ニュース
» 2008年02月29日 08時34分 UPDATE

ITC、「NokiaによるQUALCOMM特許の侵害なし」の仮決定を改めて支持

数あるQUALCOMM対Nokiaの特許訴訟のうち、米国際貿易委員会での訴訟では、Nokia有利の仮決定が支持された。

[ITmedia]

 米QUALCOMMは2月27日、フィンランのドNokiaとの特許訴訟で、米国際貿易委員会(ITC)が先に下した「Nokiaによる特許侵害の事実は認められない」との仮決定を改めて支持したことを明らかにした。QUALCOMMは、ITCのこの決定を不服とし、米連邦巡回控訴裁判所に上訴するかどうか検討するとしている。

 この訴訟は、両社間で争われている10数件に上る特許訴訟の1つで、2006年6月にQUALCOMMがITCに申し立てを行ったもの。2007年12月、ITCはNokiaによる特許侵害の事実はないとの仮決定を下し、QUALCOMMはこの仮決定の見直しを求めていた。QUALCOMMは、仮決定の見直しが行われないことについて「ITCの決定を残念に思う」とコメントしている。

 QUALCOMMによると、ITCでの訴訟の対象は「2G製品に関するものであり、ほかの訴訟の対象となっているNokiaの3G製品に関するものではない」という。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -