ニュース
» 2008年03月04日 11時22分 UPDATE

ビル・ゲイツ氏「Googleは企業ニーズが分かっていない」

Googleの脅威について聞かれたゲイツ氏は、「Googleツールは発表された日が最高の日だ」と答えた。

[Peter Galli,eWEEK]
eWEEK

 Googleのモデルはコンシューマー向け検索を中心にしており、同社は企業の特殊なニーズを理解していない――Microsoftのビル・ゲイツ会長は3月3日、2008 SharePointカンファレンスで来場者にこう語った。

 GoogleがSharePointに及ぼす脅威についての質問に対し、ゲイツ氏は「Googleのプロダクティビティツールは当社製品のような機能と反応の早さがない。Googleツールに関して言えば、発表された日が最高の日だ。Google Talkを思い出してほしい。わたしは名前もほとんど思い出せない。これは世界を変えることになっていた」とゲイツ氏は語り、笑いと喝采が起きた。

 これに対し、SharePointはエンドユーザーと作業をこなすための機能が中心だと同氏は言う。

 MicrosoftがYahoo!を買収する可能性、それが今後SharePointに及ぼす影響について聞かれると、同氏は、SharePointにほとんど影響はないだろうが、この買収はMicrosoftがコンシューマー向け検索にいかに本気で取り組んでいるかを反映するものだと答えた。

 「Yahoo!買収提案は、われわれが検索に前向きであることを示している。しかし、買収が成立するかどうかを予測するのは難しい」(ゲイツ氏)

 米大統領選で誰に投票するかとの質問には、同氏ははっきりとは答えず、特に自身の財団に関して最も関心を持っていることの1つとして、世界的な保健の問題を挙げた。

 現在の大統領候補はいずれも重要な公約を掲げており、それに力を入れている。「しかし、それ以上の具体的なコメントはしない」と同氏は述べた。

 データセンターへのユニバーサルアクセス、SharePointでデータモデルが変わるかどうか、Exchangeのデータストアの変更計画についての質問も寄せられた。

 SharePointの次のバージョンは、リストタイプの機能に向けて大きく前進するとゲイツ氏は語り、リストのセマンティクスをデータセンターに取り入れたいと付け加えた。

 SharePointはSQLを土台としているが、その上には論理レイヤーがあり、Microsoftはそれを次のSharePoint製品に落とし込もうと取り組んでいると同氏は語った。

 Exchangeには独自のデータベース環境があり、SQLにも独自のデータストアを持たせる理由は十分にあったが、今後OutlookとExchangeはSQLデータストアを採用する。「当社はそのための作業を進めており、ストレージの統一がどれほど重要かを説明している」と同氏は言う。

 このデータベースによるリレーショナル化や、入れ子テーブルなどを可能にすることについて聞かれると、ゲイツ氏は、現在リストは既に重要になっており、SQLロードマップはMicrosoftのこれまでのリストへの取り組みを取り入れることになるだろうと答えた。

関連キーワード

ビル・ゲイツ | Google | Microsoft | 買収 | Exchange | SQL | 検索


原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -