ニュース
» 2008年03月05日 08時49分 UPDATE

「金を出せ」と要求する携帯電話マルウェアが出現

金目当てでさまざまなマルウェアを組み合わせたトロイの木馬も見つかったという。

[ITmedia]

 携帯端末に感染するマルウェアがまた中国で見つかった。セキュリティ企業の米McAfeeが3月4日のブログで伝えた。

 今回のマルウェア「SymbOS/Kiazha.A」はSymbian Series 60搭載の携帯電話がターゲット。感染すると中国語の警告メッセージを表示し、「50人民元を払わないと携帯電話を麻痺させる」と脅迫。連絡先として、中国で人気のインスタントメッセージング(IM)ネットワークQQのアカウント名が記されている。

symboskia.jpg 複数のマルウェアがセットになった状態で感染(McAfeeのブログから)

 Kiazha.Aは、多数のマルウェアで構成されるトロイの木馬「SymbOS/MultDropper.CR」のコンポーネントになっているという。

 MultDropper.CRはさまざまなマルウェアの機能を組み合わせて利用し、まず携帯電話が感染したとユーザーに警告。その後別のマルウェアコンポーネントを使ってパスワードなどを盗み出すためのSMS転送を設定する。次いで痕跡を隠すため、Kiazha.AコンポーネントでSMSメッセージを消去し、金銭を要求する仕掛けになっている。

 MultiDropper.CRの作者は金儲けの目的で、相当念入りにさまざまなマルウェアを組み合わせ、テストを行ったようだとMcAfeeは分析している。

 中国では先日、Windows Mobileに感染するトロイの木馬「WinCE/InfoJack」も見つかっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -