ニュース
» 2008年03月05日 13時07分 UPDATE

FirewireでWindowsをハッキング、研究者がツール公開

Firewireポート経由でWindows XP搭載PCに完全アクセスできてしまう問題が改めて脚光を浴びている。

[ITmedia]

 Windows XP搭載PCのFirewireポート経由でコンピュータをハッキングできてしまう問題が、改めて脚光を浴びている。セキュリティ企業のF-Secureが3月4日のブログで伝えた。

 この問題は2004年に指摘されたが当時はそれほど注目されず、ほとんど知られないまま現在に至っているという。

 しかしオーストラリアのAge紙は4日、ニュージーランドのセキュリティコンサルタントがこのほど、Firewireのこの機能を使ってWindowsをハッキングできるツールを公開したと報じた。

 F-Secureによれば、攻撃者がノートPCや手を加えたiPodをWindows XP搭載PCのFirewireポートに接続すると、PCメモリへの完全アクセスが可能になり、Windowsのロック解除、暗号鍵の窃盗、マルウェアのインストールなどどんなことでもできてしまうという。

 この問題はWindows Vistaでは確認されていないが、Vistaも安全とは言い切れないとF-Secureは述べている。

 現時点でこの問題の解決策は存在せず、コンピュータに使っていないFirewireがある場合は無効にした方がいいとF-Secureは勧告している。

関連キーワード

F-Secure | ハッキング | Windows XP | iPod | FireWire


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -