ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年03月05日 20時19分 UPDATE

デル、中小企業向け販売を強化

デルのジム・メリット社長が事業方針を説明。SMB分野では、販路拡大に向けて販売会社とのパートナーシップ構築を強化する方針だ。

[ITmedia]
photo メリット社長

 デルのジム・メリット社長は3月5日、本年度の国内事業方針を説明した。注力分野のうち、中小企業(SMB)向け分野では、販路拡大へ販売会社とのパートナーシップ構築を強化する方針を掲げた。

 前年度、日本法人の営業利益は前の年度比で50%増を達成。特に法人事業が成長したほか、ノートPCの出荷台数も拡大した。法人顧客は前の年度比で14%増え、JTBやセガ、兵庫県などから新規受注を獲得。メリット社長は「法人事業が順調だ。顧客が必要なソリューション提供で信頼を勝ち取れた成果」と胸を張る。顧客満足度も全項目平均で90%に達したという。

 コンシューマー向けPC販売では昨年、ビックカメラやベスト電器など量販店での店頭販売を開始した。「直販と食い合うのではなく、相乗効果を図っていく。オンラインでも小売りでも販売できることはプラスになる」(メリット社長)

photo

 今年度、4つの注力分野(エンタープライズ、SMB、ノートPC、コンシューマー)のうち、SMBでは販売会社とのパートナーシップ構築を急ぐ。チャネルパートナー向けチームを発足して販売パートナーを支援。「単なるディストリビューターではなく、付加価値販売店を通じてデルのバリューを提供していく」(メリット社長)。オンライン直販でも情報・サービス提供を充実させていく考えだ。

 米Dell日本/アジア太平洋地域担当副社長のスティーブ・フェリス氏によると、EMEA(欧州・中東・アフリカ)地域で同社のSMB向けノートPC出荷台数は年間45%成長。昨年7月に発表したSMB向けPCブランド「VOSTRO」は230万台を出荷したという。

 エンタープライズ分野では、マイケル・デル会長兼CEOが掲げた「ITのシンプル化」を進めるほか、買収したEqual Logicの製品を有効活用していく。

関連キーワード

Dell | SMB | マイケル・デル


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.