ニュース
» 2008年03月06日 09時03分 UPDATE

MS、IE 8のβ版をリリース

サイトの一部を指定して地図などの関連情報を表示できる新機能や、クラッシュからの自動復帰機能などを追加した。

[ITmedia]

 米Microsoftは3月5日、同社主催のWebデザイナーや開発者向けカンファレンス「MIX08」で、次期ブラウザ「Internet Explorer(IE)8」の最初のβ版(Beta 1)のリリースを発表した。

 新機能の1つ「Activities」は、別のウィンドウを立ち上げたり、テキストのコピー&ペーストをせずに、関連情報の表示などができる機能。例えば、Webサイト上の住所表記部分を選択して、Activitiesの中から「地図表示」を選ぶと、好きな地図サービスを使ってその場所の地図を画面上に表示できる。同様に、サイト上の一部を指定してブログやメールに「送信」したり、「Diggに追加」や「Facebookで共有」することもできる。

 IE 8では、「お気に入り」を画面上部にバー表示させることが可能。さらに、Webサイトのフィード部分だけを表示できる新機能「WebSlices」をお気に入りバーに追加しておけば、そのWebサイトにアクセスせずに、自動的にアップデートされた最新情報を画面上のバーから確認できる。また、ブラウザがクラッシュした場合などに、作業中のブラウザの状態を復元できる「Automatic Crash Recovery」機能も装備している。

 Beta 1のリリースは、Web開発者やデザイナーがIE 8の正式リリースに先立ち、同ブラウザ対応のWebサイトを構築できるようにすることを目的としているが、同社サイトから誰でもダウンロードできる。現在は英語版のみで、まもなくドイツ語版と簡体字中国語版が登場する予定。その他の言語版のリリース予定は未定。

ie8

 同社は、マルチメディア再生用ブラウザプラグインの最新版「Silverlight 2」のβ版や、デザインツールの最新版「Expression Studio 2」のβ版のリリースなども併せて発表している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -