ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2008年03月07日 08時25分 UPDATE

「なくては困るテクノロジー」、トップは携帯電話――米調査

米国人の約6割が、携帯電話で通話以外の機能を利用したことがあるとの調査結果が出た。

[ITmedia]

 米国人にとって携帯電話は、いまやテレビやインターネット以上に「なくては困るもの」――。米非営利団体Pew Internet & American Life Projectが3月5日、こんな調査報告を発表した。調査は、米国の成人2054人を対象に行った。

 携帯電話やPDAを持つ人は、全体の75%に上る。そのうち、テキストメッセージや電子メール、写真撮影など、通話以外の機能を使ったことがあるとの回答は77%、これらの機能を日常的に利用するとの回答は42%だった。つまり、米国の成人の58%が、携帯電話やPDAで通話以外の機能を利用したことがあり、32%がそれらの機能を日常的に利用していることになる。また、家やオフィスを離れ、出先からノートPCや携帯電話、PDAなどの携帯機器を使ってネットに接続したことがある人は、ネット利用者の52%、全体の41%に当たる。

 また携帯所有者の51%が、携帯電話を「なくては困るテクノロジー」と評価。この数字は、ネット利用者のインターネットに対する評価(45%)や、テレビ(43%)、固定電話(40%)を上回り、最も多い。2002年調査では、この数字は固定電話で63%に上った一方、携帯電話、インターネットはいずれも38%にすぎなかった。

 携帯電話の利用には、人種や年齢層で差がみられる。携帯やPDAの所有者のうち通話以外の機能の利用者は、白人では73%、黒人では79%なのに対し、ヒスパニックでは90%に達し、それらの機能を日常的に利用するとの回答もヒスパニックでは56%に上る。携帯の所有率にも差があり、白人では74%、黒人では71%なのに対し、ヒスパニックでは84%。通話以外の機能を日常的に使っている人を年齢層別にみると、18〜29歳で73%、30〜49歳では57%に対し、50〜64歳では23%、65歳以上では9%となっている。

関連キーワード

PDA | 電話 | スマートフォン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.