ニュース
» 2008年03月07日 18時39分 UPDATE

「iPhone 2.0」で充実する企業ユーザー向け機能

発表会場ではAOLやSalesforce.comの開発者が「2週間で作った」iPhone用AIMや販売ツールのデモを行った。

[Daniel Drew Turner,eWEEK]
eWEEK

 Appleは3月6日、iPhoneでのMicrosoft ExchangeのWebメールクライアントのサポートと、主に企業ユーザーから求められていた新機能を提供する計画を明らかにした。

 Appleのスティーブ・ジョブズCEOと幹部らはApple本社で、記者やソフトウェア開発者に対し、iPhone SDK(ソフトウェア開発キット)を6月までに公開し、エンタープライズクラスのアプリケーションの開発をサポートする計画について説明した。

 これにより、サードパーティーの開発者は、Web2.0スタイルのものではない「ファーストクラス」のネイティブなアプリケーションを作成できるとAppleは語った。また、企業ユーザーが最も強く求めていた機能をiPhoneおよびiPod touchでどのようにサポートするかも明らかにした。

 Appleの上級副社長であるフィル・シラー氏は、企業ユーザーがiPhoneに求める機能のトップ10として、プッシュメール、プッシュカレンダー、プッシュコンタクト、グローバルなアドレス帳、Cisco IPsec VPNのサポート、認証・ID管理、無線LANセキュリティ規格「WPA 2/802.1x」への対応、強制的なセキュリティポリシー、多数のiPhoneの一括設定、遠隔初期化を挙げた。

 シラー氏によると、6月リリース予定のiPhoneとiPod touchのシステムソフトの次期アップデートであるバージョン2.0で、これらすべての機能がiPhoneネイティブになるという。

 さらにシラー氏は、Microsoft ActiveSyncプロトコルのライセンスを受けて、iPhoneがMicrosoft Exchageを「ネイティブに」サポートすると語った。同氏はExchangeとの「昔ながらの連携方法」は複雑で信頼性が低かったと語った。従来の方法では、iPhoneでNOC(ネットワークオペレーションセンター)に接続し、次にメッセージサーバに接続し、Exchangeサーバに接続するという手順が必要だった。

 Exchangeのすべての機能がiPhoneのメール、カレンダー、アドレス帳アプリに統合される。iPhoneは複数のメールアカウントを扱えるが、Exchangeのメールアカウントがこうしたアカウントの1つとして加わる。

 AppleのiPhoneソフトウェア担当副社長を務めるスコット・フォーストール氏はiPhone SDKを紹介し、初めてiPhone OSの構造を説明した。Mac OS X同様、基盤にはCore OS、Core Services、Mediaレイヤーがあるが、Mac OS XのCocoaユーザーインタフェースレイヤーではなく、iPhone用に開発したCocoa Touchというマルチタッチ対応のユーザーインタフェースAPIを使っている。

 フォーストール氏によると、Appleの既存のXcode、Interface Builder、Instrumentsと新しいiPhone Simulator(Mac上で「ライブな」iPhoneを再現するソフト)を使えば、開発者はiPhoneおよびiPod touch向けアプリケーションを迅速に作成し、テストし、改良することができるという。

 Electronic Arts(EA)、Salesforce.com、AOL、Epocrates、セガの開発者が、「1人か2人の開発者が2週間で」作ったアプリケーションのデモを行った。EAのゲーム「Spore」やAOLのインスタントメッセージングソフト「AIM」、Salesforce.comの販売ツールなどが紹介された。

 ジョブズ氏は、これらすべてのアプリケーションが「App Store」アプリケーションもしくはiTunes経由でiPhoneおよびiPod touchに直接ダウンロードできるようになると述べた。

 同氏によると、開発者はアプリケーションの販売価格を独自に設定でき、Appleが売り上げの30%を徴収し、開発者はクレジットカード決済処理などに掛かる費用を負担する必要なく残りの70%を得るという。開発者が無料で配布したいアプリケーションは、追加料金なしに無料で配布できると同氏は語った。

 iPhone 2.0アップデートは6月にリリースの予定。iPhoneでは無料で、iPod touchの場合は「わずかな費用」を支払ってダウンロードできるようになる。

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -