ニュース
» 2008年03月11日 08時33分 UPDATE

GmailでもCAPTCHA破り? 悪用のスパムが倍増

Yahoo! Mail、Hotmailに続き、GmailもCAPTCHA破りでスパムに利用されるようになっている。

[ITmedia]

 メッセージングセキュリティを手掛けるMessageLabsは2008年2月のスパムメールに関する報告書で、Gmailから発信されたスパムが前月比で倍増したと伝えた。

 報告書によると、Webメールサービスから発信されたスパムが全スパムに占める割合は4.6%。Gmailからのスパムが占める割合は、1月の1.3%から2月は2.6%へと倍増したという。内容はアダルトサイトの宣伝スパムがほとんどだった。

 スパムに悪用されることが最も多いのはYahoo! Mailで、Webメールスパム全体の88.7%を占めていた。

 これは、スパム対策用のCAPTCHAをコンピュータで解く技術を攻撃側が導入するようになったためで、2007年7月にはYahoo! MailとHotmailのCAPTCHAが初めて破られたという。

 今回Gmailスパムが増えたのは、GmailのCAPTCHAも破られたことを示すものかもしれないとMessageLabsは解説。メールサービスの悪用を防ぐ仕組みとしてのCAPTCHAの実効性に疑問を投げ掛けた。

 WebメールのCAPTCHA破りについてはこれまでにもセキュリティ企業各社が指摘し、CAPTCHAはユーザーの妨げになるだけで、不正アカウント取得を防ぐ役には立たなくなったとの見方もある。

関連キーワード

スパム | Gmail | Webメール | キャプチャ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -