ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年03月11日 13時23分 UPDATE

iPhoneでVoIP、「Wi-Fi経由なら制限せず」とジョブズCEO

携帯ネットワークを使ったVoIPアプリケーションは制限するが、Wi-Fi経由であればサードパーティーによるツールの開発を妨げるつもりはないとAppleのジョブズCEOは述べている。

[Daniel Drew Turner,eWEEK]
eWEEK

 米Appleは3月6日、「iPhone」と「iPod touch」においてVoIP通信を条件付きでサポートする考えを明らかにしたが、これを受けて、既にMac対応のVoIPサービスを提供している企業が少なくとも1社、iPhoneプラットフォームに取り組む意向を示している。

 「われわれは受賞歴のある当社のVoIPサービスをiPhoneに移植することに興味を抱いており、その可能性を検討中だ」とSightSpeedのマーケティング担当副社長エリック・クワンストローム氏は語っている。同氏によると、SightSpeedのエンジニアリングチームは現在、iPhoneのソフトウェア開発キット(SDK)に目を通しているところという。

 だがSightSpeedの製品は同社独自の問題に直面することになりそうだ。なぜなら、SightSpeedのVoIPアプリケーションは単なる音声通話ではなく、ビデオチャットに重点を置いた製品だからだ。

 「iPhoneで当社のVoIPアプリケーションを実行する場合の最大の問題は、実際のところ、フォームファクターにある。つまり、カメラだ。現状では、iPhoneのカメラは不都合な位置にある。カメラがディスプレイの反対側に置かれているため、双方向のビデオチャットとなると非常に難しい」とクワンストローム氏。

 「CPUなど、そのほかの問題の多くは現行の製品パッケージの開発の過程で既に解決している」とさらに同氏は続けている。

 Appleのスティーブ・ジョブズCEOは6日、iPhoneの次期ソフトウェアアップデートのSDKを発表した直後に行われたメディアとの質疑応答の際、Wi-Fi経由で動作するものであれば、サードパーティーがiPhoneとiPod touch向けにVoIPアプリケーションを開発するのを妨げるつもりはないと語っている。

 「携帯ネットワークを使ったVoIPアプリケーションは制限するが、Wi-Fi経由のVoIPアプリケーションについては何ら制限は課さないつもりだ」と同氏。

 ただし、VoIP製品はいずれも同一の制限要因の影響を受けることになるだろう、とクワンストローム氏は指摘している。

 「帯域幅は本当に予測し難い要因だ。当社では、かなり低いビットレートでも優れた働きをする速度制御アルゴリズムの特許を取得している。ダイヤルアップよりは速いがDSLやCATVよりは遅いビットレートだ。だがそれでも、現在米国で認可されているモバイルインフラと比べればけた違いだ」と同氏。

 「Wi-Fiがシームレスに利用できるレベルまで普及していれば、この取り組みははるかに魅力的な提案になっていただろう」とさらに同氏は続けている。

関連キーワード

iPhone | VoIP | Apple | Wi-Fi | SDK | iPod touch


原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.