ニュース
» 2008年03月15日 08時38分 UPDATE

若者の「新聞離れ」は「ニュース離れ」ではない――米調査

新聞発行部数の減少は、必ずしもニュース読者が減っていることは意味せず、むしろ逆であるとcomScoreは分析する。

[ITmedia]

 調査会社の米comScoreは3月13日、新聞読者のオンライン行動に関する調査報告を発表した。回答者を、新聞(印刷媒体)を読む頻度で4つのグループに分けて比較したところ、新聞を「週6回以上読む」グループには高齢者が多く、「週に1度も読まない」グループには若者が多かった。

 各グループが利用するニュースサイトを「新聞社のサイト」「テレビ局のサイト」「ネットメディアのサイト」に分けて調べたところ、「新聞を週に1度も読まない」人は、サイトの種類を問わずニュースサイトをよく利用しており、その利用度合いは「週に3〜5回新聞を読む」人や「週に1〜2回新聞を読む」人たちと比べ、全般的に高いことも判明。comScoreは「新聞を読まない人が、必ずしもニュースを利用しないわけではない」とし、こういう人たちはデジタルフォーマットを好んでいるだけだと指摘している。

 一方、「新聞を週6回以上読む」グループは、テレビ局のニュースサイトやネットメディアのニュースサイトと比べ、新聞社のサイトを利用する傾向が高い。また、新聞社サイトの利用は、平均的な新聞読者よりも「新聞を週6回以上読む」人と「新聞を週に1度も読まない」人で多くなっている。

 comScoreは、「新聞発行部数の減少は、必ずしもニュース読者が減っていることは意味せず、むしろ逆である」とコメント。新聞社にとっても「インターネットには、ブランド認知度を高め、新しい読者層にリーチできる機会がある」としている。

関連キーワード

新聞 | 米国新聞メディア


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -