ニュース
» 2008年03月17日 18時03分 UPDATE

「らくらくホンに極めて類似」 ドコモ、ソフトバンク端末の販売差し止め申し立て

ソフトバンクモバイルの東芝製端末「かんたん携帯」が、NTTドコモの富士通製端末「らくらくホン」に「極めて類似」しているとして、不競法に基づき製造販売差し止めの仮処分を申し立てた。

[ITmedia]

 NTTドコモと富士通は3月17日、ソフトバンクモバイルの東芝製端末「かんたん携帯」が、ドコモの富士通製端末「らくらくホン」に「極めて類似」しているとして、不正競争防止法に基づき、「かんたん携帯」の製造販売などの差し止めを求める仮処分を東京地裁に申し立てた。

 らくらくホンは簡単な操作を売りの携帯電話端末で、累計1200万台以上を販売するヒット商品。ソフトバンクモバイルが8日に発売した「かんたん携帯」(SoftBank 821T)が、らくらくホンと類似しているとして、模倣商品の販売などによる不正な競争を防止する同法に基づく仮処分を申し立てた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -