ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年03月17日 18時02分 UPDATE

「日本版のかわいい世界に」スクエニが仮想空間サービス、ニフティと提携

スクエニとニフティが、仮想空間上でゲームや動画再生などが楽しめる新サービスの開発・運営で提携する。スクエニの全額出資子会社を通じ、今夏からサービスを提供する。

[宮本真希,ITmedia]
画像 左からスクウェア・エニックスの和田洋一社長、スマイルラボの伊藤隆博社長、ニフティの和田一也社長。スマイルラボの伊藤社長は、NHN JAPANハンゲーム事業本部長や、リアルネットワークス取締役事業本部長などを経て、社長に就任した

 スクウェア・エニックスとニフティは3月17日、アバターを操作したり、カジュアルゲームが楽しめる2D仮想空間の開発・運営で提携すると発表した。スクエニが全額出資した新会社を通じ、今夏にサービスを始める予定だ。

 新サービスは、仮想空間上でアバターを操作し、ユーザー同士が交流したり、無料ゲームをプレイできる。仮想通貨を使ってアバターアイテムを購入できるほか、音楽・動画の再生、ブログやメール機能などにも対応する予定だ。

 サイトはFlashで構築し、低スペックのPCから楽しめるようにする。スマイルラボの伊藤隆博社長によると、新サービスは「かわいいSecond Lifeのようなイメージ」という。

 新会社「スマイルラボ」はスクエニが全額(1000万円)出資して2月29日に設立。収益は仮想空間上の広告やアバターアイテムの販売などから得る計画だ。

 スクエニとニフティはこれまで、無料ゲーム向け広告を共同開発するなど、カジュアルゲーム分野で協力してきた。新サービスではスクエニがゲーム開発を支援し、ニフティがサーバ設備や決済システム、コミュニティーの運営ノウハウを提供。ポータルサイト「@nifty」やブログ「ココログ」とも連携し、集客を図っていく。今後、海外展開も検討する。

 ターゲットは、女性やシニア層も含めたゲームのライトユーザー。スクエニの和田洋一社長は「スクエニがこれまで捕捉できていなかったユーザーに向けて提供する。ターゲット層は、『ファイナルファンタジー』や『ドランゴンクエスト』などとは全く違うコミュニティー」と説明する。

 ニフティは、同社のサービスと仮想空間を連携させ、10〜20代のユーザーを獲得したい考え。ニフティの和田一也社長は「@nifty会員には、パソコン通信時代から長く利用しているユーザーが多く、中心は40〜50代。

新サービスは、それらのコアユーザーのジュニア世代に向けて提供していきたい」と話した。

 初年度に登録会員数50万会員を目指す。売り上げ目標については「今は白紙の状態。ただし、将来的に事業として100億円の売り上げが見込めないものには着手すべきではないと考えている」(スクエニの和田社長)とした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.