ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年03月19日 14時32分 UPDATE

音声をWebアプリに組み込むイニシアチブ「BroadSoft Xtended」

VoIPソフト企業のBroadSoftが、音声をWebアプリに組み込むためのプラットフォーム「BroadWorks」を推進するイニシアチブを発表した。

[ITmedia]

 VoIPソフト企業の米BroadSoftは3月18日、音声をWebアプリケーションにマッシュアップするプラットフォーム「BroadWorks」を推進するイニシアチブ「BroadSoft Xtended」を発表した。また、開発者がBroadWorksを利用してVoIP機能を追加したWebアプリをアップロードし、ユーザーに提供するためのディレクトリ「BroadSoft Xtended Marketplace」の立ち上げも明らかにした。

 BroadWorksは、IP電話などのVoIP機能を提供するプラットフォームで、現在数百社の通信事業者が利用している。BroadSoft Xtendedにより、BroadWorksはVoIP機能を人気のアプリケーションやWebサービスに統合できるようになり、顧客企業やユーザーにとってより価値あるものになるとしている。

 BroadSoft Xtended Marketplaceでは既に、BroadWorksがSalesforce向けに開発した「Unified Connector for Salesforce」やJoeDeveloper.netが開発したFacebook向けのウィジェットなどが提供されている。

broad

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.