ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年03月21日 08時36分 UPDATE

3Comと投資会社の買収交渉が白紙に

投資会社による3Com買収が、政府機関の許可が下りなかったために白紙撤回となった。

[ITmedia]

 投資会社米Bain Capital Partnersは3月20日、9月末に発表したネットワーク関連機器米3Comの買収が白紙に戻ったことを明らかにした。

 白紙撤回の理由は、対米外国投資委員会(Committee on Foreign Investment in the United States、CFIUS)が買収を認めなかったためだという。

 買収総額は約22億ドルで、株主には1株当たり5.30ドルが支払われ、Bain Capital Partnersが3Comの株式を取得するだけでなく、3Comと提携関係にある中国のHuawei Technologiesも3Comの少数株を獲得することになっていた。

 3ComとBain CapitalおよびHuaweiは、CFIUSに共同で買収申請を提出したが、CFIUSから指摘された問題点を解決できなかったという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.