ニュース
» 2008年03月26日 09時28分 UPDATE

全国の高専を結んでグリッドコンピューティング MSとプロジェクト

国立高等専門学校機構とマイクロソフトは、全国の高専のPCによるグリッドコンピューティングプロジェクトを本格化する。最終的には6500台による国内最大級のグリッドを目指す。

[ITmedia]

 国立高等専門学校機構とマイクロソフトは3月25日、全国の高専の教育用PCをネットワークで結んでグリッドコンピューティングを展開するプロジェクトを本格化すると発表した。3カ年計画で、最終的には6500台のPCによる国内最大級のグリッド化を目指す。

 高専が持つ教育用PCに「Windows Compute Cluster Server 2003」を搭載。各高専でそれぞれグリッドを構築し、さらに高専間をネットワーク接続することで、各校をまたいだハイパフォーマンスコンピューティング環境の実現を目指す。

 全国55校の高専のうち、2007年度は岐阜高専、豊田高専、徳山高専の3校が試験導入した。マイクロソフトソフトは同機構や各高専と連携するなどし、参加校が増えるよう支援していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -