ニュース
» 2008年03月26日 15時51分 UPDATE

Adobeなど5社、違法コピー利用の学校が2億1000万円支払いで和解

Adobeなど5社のソフトの違法コピーを利用していた首都圏の学校法人が、計2億1000万円を支払うことで5社と和解した。

[ITmedia]

 ビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)は3月25日、メンバー企業5社と、5社のソフトの違法コピーを利用していた首都圏の学校法人との間で、学校法人が2億1000万円を支払うことで和解が成立したと発表した。BSAが関わった違法コピー関連の和解金としては世界で2番目、アジア圏では最高額という。

 Adobe Systems、Apple、Autodesk、Symantec、Borlandの5社のソフト、1万364本の違法コピーが学校から見つかった。BSAの情報提供窓口への通報が発端で発覚した。

 BSA日本副事務局長の松尾早苗さんは「違法コピーが世界で3番目に少ない日本の教育機関でこれほど大規模な著作権侵害が行われていることに驚き、遺憾に思う」とコメントしている。

関連キーワード

違法コピー | BSA | 和解 | 著作権侵害


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -