ニュース
» 2008年03月28日 20時08分 UPDATE

アニメ「めぐみ」をコピーフリーでネット公開 政府、拉致問題訴え

政府は、横田めぐみさんの拉致事件を描いたアニメをコピーフリーでネット公開した。コピーフリーのDVDも無料で配布し、拉致問題に関心の薄い層に訴えかける。

[ITmedia]
画像

 政府の拉致問題対策本部は3月28日、横田めぐみさんの拉致事件と、家族の活動を描いたアニメ「めぐみ」のストリーミング配信を、「政府インターネットテレビ」で始めた。アニメはコピーフリーのWMV形式でダウンロードすることができるほか、コピーフリーのDVDも制作し、全国の地方自治体などに無料で配布する。英語・中国語・韓国語版も用意した。

 拉致事件を描いた漫画「めぐみ」(双葉社刊)を25分間のアニメにまとめた。めぐみさんが拉致される前の横田家の様子や、救出活動に奮闘する家族の様子を描いている。アニメを活用することで子どもや若者にも訴えかけるのが狙い。制作費は2000万円弱。

 声優は、めぐみさん役が高山みなみさん、滋さん役が山寺宏一さん、早紀江さん役が深見梨加さん。アニメ化を知った山寺さんの呼び掛けで集まったといい、全員ボランティアで引き受けた。

 政府インターネットテレビでストリーミング再生できるほか、各国語版のダウンロードも可能だ。コピーフリーのDVDには各国語版を収録し、地方自治体や海外の日本大使館などに無料配布する。地方自治体がDVDをコピーして、学校や図書館に配る――といった利用を想定している。

「涙が止まらなかった」と早紀江さん

画像 アニメを見る横田滋さん。時折、ハンカチで目を押さえていた

 めぐみさんの父親・横田滋さんは「分かりやすく正確な内容で、よくできている。悲しくて見てられない部分もあった。映像が訴える力は強い」と話す。母の横田早紀江さんは「1人で見て涙が止まらなかった。当時の部屋の様子も細やかに表現されていて、胸が苦しくなった」と明かした。

 山寺さんは「アニメの仕事に20年関わっているが、コピーフリーというのは初めて。拉致問題に関してはこれまで傍観者だったが、声優の仕事で何かできることがないかと考え、参加することを決めた。リハーサルでも涙が止まらなかった」と話した。

 拉致問題対策本部事務局の河内隆総合調整室長は「拉致問題の解決には国民の理解が必要と考え、アニメを制作した。アニメを活用した拉致問題の広報は初めて」と述べた。

画像 後列左から、脚本を担当した三井秀樹さん、監督の大森英敏さん、本そういちさん、山寺宏一さん、深見梨加さん、ナレーションを担当した羽佐間道夫さん、河内隆総合調整室長。前列左から横田滋さん、横田早紀江さん

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -