ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年03月29日 07時59分 UPDATE

欧州委員会、NokiaのNAVTEQ買収を徹底調査へ

デジタル地図サービス市場はNAVTEQほか1社による複占状態であり、この買収は市場競争を妨げる可能性があるとしている。

[ITmedia]

 欧州委員会は3月28日、フィンランドのNokiaによる米NAVTEQ買収について、EU合併規制(EU Merger Regulation)に基づく調査を開始すると発表した。同委員会が先に行った市場調査の結果、この買収が市場競争に関する重大な懸念を引き起こす恐れがあると判断したためで、8月8日までに最終的な結論を下す予定。

 NAVTEQは、ナビゲーション用のデジタル地図サービス提供企業。Nokiaは2007年10月、NAVTEQを81億ドルで買収する計画を発表している

 デジタル地図サービス市場は、NAVTEQとオランダのTele Atlasとによる複占状態。欧州委員会は、携帯端末製造の世界的リーダーであるNokiaがNAVTEQを買収すれば、欧州経済地域における競争を著しく阻害する恐れがあるとみている。

 この決定を受けてNokiaは、「買収取引が成立するよう、同委員会との共通認識を見出せることを期待している」とのコメントを発表。既に、ほかの規制当局による承認は得ていると言い、「当社のインターネットサービスで重要な役割を占めるこの買収に、引き続き強くコミットする」としている。

 欧州委員会は、オランダのカーナビゲーションシステムメーカーTomTomによるTele Atlas買収についても、同様の調査を開始している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.