ITmedia NEWS >
ニュース
» 2008年03月31日 16時42分 UPDATE

アニメ価格をユーザーが決める「寄付金制」 GONZO「ドルアーガの塔」で

GONZOは新作アニメ「ドルアーガの塔〜the Aegis of URUNK〜」「ブライスレイター」の海外配信で、ユーザーが価格を自由に決められる「寄付金制」を導入する。

[ITmedia]

 GDHは3月31日、動画共有サイト「Crunchyroll」の海外向け配信で、子会社ゴンゾ(GONZO)の新作アニメを、ユーザーが購入価格を自由に決められる形でダウンロード販売すると発表した。

 対象は、4月4日からテレビ放送する「ドルアーガの塔〜the Aegis of URUNK〜」と「ブライスレイター」。アジア圏の動画を集めたサイト「Crunchyroll」で海外向けに有料配信する際に、ユーザーが価格を決められるようにする。国内からのアクセスは、IPアドレスで制限する。

 Crunchyrollでは、テレビ放送終了後間もなく、低画質版と高画質版を公開。低画質版は広告付きで無料でストリーミング配信し、高画質版はユーザーが価格を決めてダウンロードできる。価格の上限・下限はなく、無料でダウンロードすることも可能だ。

 同社はこの仕組みを「寄付金制」と呼び、「作品により多くの寄付が集まることによって、ユーザーの意見を取り入れた続編の制作も行えるようになる」としている。

 ドルアーガの塔とブラスレイターは、海外向けにYouTubeでも無料配信する予定。「ドルアーガの塔」は国内では、GyaOで無料配信する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.