ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年04月01日 09時15分 UPDATE

MS、中小規模政府・公共機関向け新ライセンス

マイクロソフトは、PC台数が250万台未満の政府・公共機関を対象にしたライセンスプログラムを導入する。

[ITmedia]

 マイクロソフトは、PC台数が250万台未満の政府・公共機関を対象にしたライセンスプログラムを4月1日から導入する。

 永続ライセンス「オープンバリュー フォー ガバメント」と、非永続ライセンス「オープンバリュー サブスクリプション フォー ガバメント」をそれぞれ特別価格(オープン価格)で提供する。

 一方、日本のみで導入済みの「エンタープライズ アグリーメント フォー ガバメント」は同日付で「エンタープライズ アグリーメント フォー ガバメント オーガナイゼーションズ」に名称を変更し、全世界での公式プログラムとする。現在PC台数に応じて4レベルで提供している価格を、政府・公共機関向けの特別価格として、台数にかかわらず一律「レベルD」を適用する。

 これらのライセンスプログラム「ソフトウェアアシュアランス」が標準で付く。

関連キーワード

Microsoft(マイクロソフト)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.