ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年04月01日 09時29分 UPDATE

日本IBM、地銀5行の次期基幹システム検討を支援

日本IBMは、千葉銀行など地銀5行の次期基幹システムの方向性検討を支援する。同社独自の「邦銀共通テンプレート」を活用。

[ITmedia]

 日本アイ・ビー・エム(IBM)は3月31日、千葉銀行など地銀5行の次期基幹システムの方向性検討を支援すると発表した。

 同社独自の「邦銀共通テンプレート」を活用する。顧客満足度向上、コスト削減、内部統制──の3大要件を満たすことを目的に、銀行の業務改革を支援する手法。IBMが世界の金融機関の事務の流れをまとめて体系化した標準プロセスをもとに、国内銀行で必要な共通事務を追加した。

 煩雑かつ膨大になりやすい「商品」「科目」ではなく、「新規取引」「解約」など標準化しやすい取引の種類で事務処理プロセスを規定するのが特徴という。

 5行は千葉銀のほか、第四銀行、北国銀行、中国銀行、伊予銀行。

関連キーワード

IBM | 基幹システム | 銀行 | 金融機関


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.