ニュース
» 2008年04月02日 09時19分 UPDATE

おサイフケータイと電子POPで店頭販促システム 凸版、auショップなどで実験

凸版印刷は、FeliCa対応携帯電話専用のリーダー/ライターと電子POPを組み合わせた店頭販促システムを開発した。かざすだけでWebサイトへの誘導URLをケータイに送信する。

[ITmedia]

 凸版印刷は4月1日、FeliCa対応携帯電話(おサイフケータイ)専用のリーダー/ライターと電子POPを組み合わせた店頭販促システムを開発したと発表した。同システムを組み込んだツールの実証実験を、KDDIと協力して都内の家電量販店とauショップで始めている。

photo

 システムを組み込んだ販促ツールにおサイフケータイをかざすと、リーダー/ライターを通じてURLを送信。おサイフケータイの画面上からURLを確認し、Webサイトに接続できる。おサイフケータイ側には特別なアプリケーションは不要だ。

 配信URLはリーダー/ライター本体と配信サーバのどちらからでも設定可能で、サーバからなら時間帯によって配信URLを変更するといったことも可能。おサイフケータイの個別IDと店舗ごとのアクセス数を集計でき、集計したIDと会員情報をひも付けすることでマーケティング情報として活用できる。

 携帯電話販促サイトなどのほか、食材のトレーサビリティやアレルギー情報の提供、ECサイトへの誘導といった用途を想定。クーポンを配布したり、アクセスするたびに来店ポイントを付与するといった活用も可能という。

 KDDIが関東地区などで展開しているキャンペーンのプロモーション用に実証実験を始めた。都内の量販店2店とauショップ渋谷に、7インチ電子POPによるツールを設置。来店者はおサイフケータイをかざすことでキャンペーンに参加できる。凸版がアクセス数を集計して利用動向を検証、今後の開発に役立てる。

関連キーワード

おサイフケータイ | 凸版印刷 | FeliCa


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -