ニュース
» 2008年04月02日 16時19分 UPDATE

Sleipnir 2.7リリース 起動が2倍以上高速化

最新版「Sleipnir 2.7」は動作速度、安定性などが「劇的に向上」。初回起動時間が2.2倍以上に高速化するなどの改善が施された。

[ITmedia]
photo

 フェンリルは4月2日、Webブラウザの最新版「Sleipnir 2.7」を公開した。ソースコード100カ所以上のチューニングを施した結果、動作速度、安定性などが「劇的に向上」したという。

 起動時のファイルアクセス数を大幅に削減するなど、複数の高速化対策の結果、起動速度が向上。同社が用意した環境下での計測によると、初回起動速度は旧バージョンの2.6.2と比べ約2.2倍の3.5秒、2回目以降は約1.7倍の0.66秒に高速化したという。

 起動直後の初回ナビゲート速度の高速化など、全体的に処理速度を改善し、ロースペックのPCでも高度なカスタマイズ性を発揮できるようになったとしている。ちらつき低減などで起動中の安定性も向上したという。

 スクリプト周りを改善したほか、自分が作成したスクリプトからSleipnirアクションを読み出せる「Sleipnir API ExecuteAction」を新たに実装した。

 同社サイトから無料でダウンロードできる。対応OSはWindows 98/Me/2000/XP/Vista。

関連キーワード

Sleipnir | API | ブラウザ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -