ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年04月03日 09時29分 UPDATE

三菱電機、ヤンキース新スタジアムにフルHD「オーロラビジョン」を受注

三菱電機は、ニューヨーク・ヤンキースの新スタジアム用の「オーロラビジョン」を受注した。

[ITmedia]

 三菱電機は4月2日、米大リーグ、ニューヨーク・ヤンキースの新スタジアム用大型映像表示装置として「オーロラビジョン」を受注したと発表した。新スタジアムは2009年4月に完成する予定。

 17.92(縦)×30.72(横)メートルの「1400型」。高輝度LED(5000カンデラ/平方メートル)を採用し、画素ピッチ16ミリで1120×1920ピクセルのフルHD表示(1080P)に対応する。大リーグスタジアムのスクリーンとしては、16ミリピッチで初のフルHD対応になるとしている。

 現ヤンキー・スタジアムには1983年に初号機を納入し、現在も「オーロラビジョン」が採用されている。

関連キーワード

三菱電機 | フルHD | LED


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.