ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年04月04日 09時06分 UPDATE

デル、企業のIT導入・更新の初期検討を支援する「アセスメントサービス」

デルは、企業がITシステムを導入・更新する際の初期検討段階を支援する「アセスメントサービス」を始めた。

[ITmedia]

 デルは4月3日、企業がITシステムを導入・更新する際の初期検討段階を支援する「アセスメントサービス」を始めた。

 仮想化(VMware)、データベース(Oracle)、メッセージング(Exchange)──についてメニューを用意し、システムの診断・評価・要求事項のとりまとめやコスト算出などを行い、情報システム担当者の検討や判断、決定をサポートする。

 システム部門が検討すべき課題の増加・複雑化に対応し、各種パッケージやシステム構築に付随していたサービスを「アセスメントサービス」として独立・強化してメニュー化した。今後、ストレージやILM、Windows Server 2008などに対応したメニューをメニューを拡充していく。

関連キーワード

Dell | Exchange | Oracle(オラクル) | 仮想化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.