ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年04月04日 09時08分 UPDATE

日本オラクル、公益事業特化の製品群「Oracle Utilities」を投入

ガス、電気、水道などの公益事業に特化した「Oracle Utilities」を日本オラクルが順次提供。メーターデータ管理アプリケーションなどで構成する。

[ITmedia]

 日本オラクルは4月3日、国内の公益事業に特化したアプリケーション製品群「Oracle Utilities」を順次提供すると発表した。米本社と専任チームを組織し、ガス、電気、水道業界への展開を進める。

 料金・顧客管理やメーターデータ管理アプリケーション、データベース製品などの製品で構成。顧客管理や請求、回収まで一連の処理・手続きを統合管理できるとしている。10万契約顧客当たり6250万円(税抜き)から。

 海外では2007年、導入44社・採用22社の実績があるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.