ニュース
» 2008年04月04日 15時00分 UPDATE

「検定」もソーシャルメディアに ヤフー「みんなの検定」が正式版に

[ITmedia]

 ヤフーは4月4日、ユーザーが作成した検定問題を受けられる「Yahoo!みんなの検定」正式版を公開した。新たに「Yahoo!プロフィール」と連携し、ほかのユーザーを友だち登録したり、YouTube動画を利用した検定を作成できるようになった。

 みんなの検定は、ユーザーが好きなテーマで検定を作って公開したり、ほかの人が作成した検定を受験できるサービス。出題者に対するコメントを投稿することも可能だ。

 「Yahoo!インターネット検定」内でβ版として公開していたが、正式版は1つのサービスとして独立させ、Yahoo!プロフィールと連携した。Yahoo!プロフィールの機能を使って、検定の出題者を友だち登録したり、メッセージを送受信できる。友だち登録したユーザーだけに検定を公開する機能も備えた。

 検定の作成機能も強化し、問題と解説に「YouTube」「Yahoo!ビデオ」の動画を引用できるようにした。例えば「この動画の続きのシーンはどれ?」といった問題も作成可能だ。問題の形式は択一式に加え、それぞれの選択肢に1〜10点の配点を付ける「配点式」を追加。選択肢の数は、5問、8問、10問から選べるようになった。

 みんなの検定は2006年9月に開設。これまでの受験者数は約3200万、作成された検定数は約16万。

関連キーワード

ヤフー(Yahoo!JAPAN) | 投稿


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -