ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年04月05日 08時15分 UPDATE

「スポンジ・ボブ」のバーチャルワールド開発へ

Viacom傘下の2社が、人気アニメ「スポンジ・ボブ」などのバーチャルワールドや、バーチャルコミュニティー「Neopets」の進化版の開発に取り組んでいる。

[ITmedia]

 米Viacom傘下のNickelodeonおよびMTVN Kids and Family Groupは4月4日、子供向けの新しいバーチャルワールドの開設に取り組むと発表した。バーチャルワールドは、人気アニメ「スポンジ・ボブ」や、オリジナルの「Monkey World(仮称)」などがテーマ。バーチャルペットを育てるコミュニティーサイト「Neopets」や、子供向けバーチャルワールド「Nicktropolis」など、既存サービスでの経験を基に、開発を行う。

neopet 現行のNeopets

 開発には、子供・家族向けのバーチャルワールド開発のVirtual World Studios(旧NeoStudios)が当たる。

 両社は併せて、バーチャルサイト「World of Neopia(仮称)」を制作中であることも発表。「Neopets」の手法を元に、グラフィックスなどを強化したもので、ゲームやコミュニティー、チャット機能などを備え、カスタマイズも可能。ユーザーは自分のバーチャルペットが「Neopia」を旅する中で、さまざまなストーリーを体験できるという。同サイトは来年立ち上げ予定。

関連キーワード

仮想世界 | 子供 | コミュニティー | MTV | Viacom


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.