ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年04月08日 09時17分 UPDATE

PCモニター用液晶パネル、価格下落の勢い弱まる Displaybank調査

Displaybankによると、3月の液晶パネル取引市場では、PCモニター用パネルの価格下落の勢いが弱まった。

[ITmedia]
photo

 ディスプレイ専門調査会社の韓国Displaybankが4月7日まとめた3月の液晶パネル価格集計によると、PCモニター用パネルの価格下落の勢いが弱まっている。

 PC用パネルは昨年12月から下落が始まったが、3月に入って下落の勢いが弱まった。17インチSXGAパネルの価格は120ドルで、前月比で4ドル下落にとどまった。また19インチWXGAも122ドルと小幅安だった。

 液晶テレビ用も大型パネルを中心に小幅下落。32インチWXGAは前月と変わらずの330ドルだったが、37インチWXGAが前月比2ドル安の438ドル、42インチWXGAが同6ドル安の534ドルなど。

 同社は「PC用パネルは4月から反騰する可能性があるが、テレビの反騰の可能性は低い。しかし、北米市場における液晶テレビの値下げが消費者需要に及ぼす影響次第では、大きく変動する可能性がある」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.