ニュース
» 2008年04月08日 16時36分 UPDATE

欧州委員会、EU域内での機内携帯サービスを許可

欧州委員会が飛行中の機内での携帯電話による通話やデータ通信サービスにゴーサインを出し、サービス導入に当たっての規定を発表した。

[ITmedia]

 欧州委員会は4月7日、EU空域を飛行中の航空機内での携帯電話サービスの導入を認めた。これにより、乗客は一般的な携帯電話を利用して通話、メールの送受信、データ通信などができるようになる。

 また欧州委員会はサービス導入に当たっての技術要件を調整する規定も発表した。乗客の携帯電話は、衛星経由で地上とつながる機内携帯電話ネットワークを利用する。携帯電話が直接地上のネットワークに接続しないようにし、航空機器や地上の携帯ネットワークへの干渉を避ける。

 こうした技術要件の調整により、加盟各国が航空会社に与える免許はEU全域で通用する。例えばフランスやスペインで機内携帯サービスの免許を取得した航空会社は、ドイツやハンガリー上空でそのままサービスを提供できる。

 発表になった規定には価格に関する条項は含まれていないが、欧州委員会は航空会社と携帯キャリアに対し、サービス普及のために安価な料金での提供を求めている。

関連キーワード

EU | 携帯電話 | データ通信


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -