ニュース
» 2008年04月09日 09時16分 UPDATE

Cellベースの東芝「SpursEngine」、サンプル出荷開始

東芝は、Cellの技術を活用したメディアストリーミングプロセッサ「SpursEngine SE1000」のサンプル出荷を始めた。

[ITmedia]
photo

 東芝は4月8日、「Cell」プロセッサの技術を活用したメディアストリーミングプロセッサ「SpursEngine SE1000」のサンプル出荷を始めた。PCやデジタル家電向けに、今後3年間で600万個の出荷を目指す。

 Cellのプロセッサコア「SPE」(Synergistic Processor Element)4個(1SPE当たり12GFLOPS)と、フルHD対応のMPEG-2/H.264のハードウェアエンコード/デコーダを搭載。Cellより小規模な回路設計と省電力性が特徴で、1.5GHz動作が10ワット台で可能としている。サンプル価格は1万円。

 リファレンスキットの提供も始めた。同プロセッサを搭載したリファレンスボードと、ソフト開発を行うための基本ソフト群で構成する。

関連キーワード

Cell | 東芝 | SpursEngine


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -