ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年04月10日 08時11分 UPDATE

Motorola、新会長に旧AT&Tの会長兼CEOを任命

1月にCEO職を退いたエド・ザンダー現会長が、予定通り5月に引退。後任には、旧AT&Tで会長兼CEOを務めたデビッド・ドーマン氏が就任する。

[ITmedia]

 米Motorolaは4月9日、同社取締役会がデビッド・ドーマン氏(52)を非常勤会長に選出したと発表した。現会長のエド・ザンダー氏(62)は先の発表通り、5月5日開催の年次株主総会をもって、任期満了で引退する。

 ドーマン氏は、通信業界28年のベテラン。Sprintを皮切りに、Pacific Bellや旧AT&T子会社などで幹部職を歴任した後、2000年に社長として旧AT&T入りし、2002〜2005年に会長兼CEOを務めた(2005年のSBC Communicationsによる旧AT&T買収後、新生AT&Tで社長に就任)。Motorolaでは、2006年から取締役を務めている。

 Motorolaのグレッグ・ブラウン社長兼CEOは、ドーマン氏の「業界知識や当社に対する深い理解」が、同社株主に利益をもたらすとし、モバイルデバイス事業の分離に向け「デーブ(ドーマン氏)と共に働くことを楽しみにしている」としている。ドーマン氏は、「Motorolaは、多大な資産と有能な人々を擁している」と評価。「Motorola全株主の価値を向上すべく、グレッグや取締役会、経営陣と密に協力していく」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.