ニュース
» 2008年04月16日 08時28分 UPDATE

Intel、過去最高のQ1売上高も減損処理の影響で減益

Intelの1〜3月期決算は、売上高は前年同期比9%増だが、純利益は、リストラ費用や減損処理の影響で12%減だった。

[ITmedia]

 米Intelが4月15日発表した第1四半期(1〜3月期)決算は、売上高は97億ドルで前年同期を9%上回り、第1四半期としては過去最高を記録した。一方、純利益は前年同期比12%減の14億ドル(1株当たり25セント)だった。

 同社は今年、仏伊半導体メーカーSTMicroelectronicsとフラッシュメモリの合弁企業Numonyxを設立し、NOR型フラッシュメモリ事業関連資産を新会社に移管している。最終損益には、この移管資産の減損処理費用の約2億7500万ドルや、リストラ費用などが反映されている。

 粗利率は、同社が3月に発表した予測値並みの53.8%。NAND型フラッシュメモリは出荷数の伸びを価格下落が相殺し、売上高は横ばいだった。マイクロプロセッサの出荷数は10〜12月期を下回ったが、平均販売価格(ASP)はほぼ横ばいだった。

 第2四半期の見通しについては、Numonyx設立に伴うNOR型フラッシュの売上高の大幅減を織り込み、売上高を90〜96億ドル、粗利率を56%前後と予測。ポール・オッテリーニ社長兼CEOは、「今後も当社の成長機会について楽観的」とコメントしている。

関連キーワード

Intel | 決算 | NAND | ポール・オッテリーニ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -