ニュース
» 2008年04月16日 16時45分 UPDATE

Seagate、米SSDメーカーを提訴

提訴されたSTECは、「当社はSeagateよりも何年も前からSSDの製造販売を行っていた」と反論、徹底的に抗戦する構え。

[ITmedia]

 SSD(ソリッドステートドライブ)製造販売の米STECは4月15日、HDDメーカーの米Seagate Technologyから特許訴訟を起こされたことを明らかにした。

 訴訟を起こしたのは、Seagate Technologyとその関連企業数社。米カリフォルニア北部地区連邦地裁に対し、STECが特許4件を侵害したと主張している。

 これに対しSTECは、「当社は、Seagateがこれらの特許を取得するずっと前の1994年には既に、SSDの設計、製造、出荷を行っていた」として、提訴に反論。訴訟は「まったく根拠がなく、知的財産の保護よりも、競争上の懸念からもたらされたもの」であり、「Seagateは(訴訟により)特にエンタープライズ分野における当社の成長を鈍化させようと試みている」と主張し、徹底的に抗戦する構えをみせている。

 STECはさらに、問題の特許と「同様の技術や特許を、当社は10年以上前に所有していた」として、Seagateの主張を精査する構え。その過程で、Seagateが逆にSTEC特許を悪用してきたかどうかを判断し、Seagateの特許の無効化を求めるなど、必要な行動を取ることも検討しているという。

関連キーワード

Seagate | 特許 | SSD | 提訴


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -