ニュース
» 2008年04月16日 20時49分 UPDATE

モバゲーにスクエニ新作RPGも 本格「ゲームポータル」戦略、アイテム課金を収益源に

「モバゲータウン」で、スクエニが開発したRPGなどの配信が始まる。モバゲーを「ゲームポータル」と位置付けてゲームファンを取り込み、アイテム課金という新たな収益源を育てる。

[宮本真希,ITmedia]
画像 左からハムスターの浜田倫社長、スクウェア・エニックス/タイトーの和田洋一社長、DeNAの南場智子社長、ORSOの坂本義親社長、ワークジャムの山口孝社長

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は4月15日、携帯電話向けゲーム&SNS「モバゲータウン」で、スクウェア・エニックスやハドソンなどゲーム会社が開発した本格的なゲームを、基本無料・アイテム課金制で提供すると発表した。モバゲーを「ゲームポータル」と位置付けてゲームファンを獲得しながら、新たな収益源に育てる狙いだ。

 モバゲー内に専用ページを設置し、スクウェア・エニックス(スクエニ)、タイトー、ハドソン、ハムスター、ワークジャム、ORSOの6社が4月末から順次ゲームを配信する。

 スクエニとタイトーは新作RPGを投入。ハドソンは、携帯・ニンテンドーDS向け対戦カードゲーム「エレメンタルモンスター」を、ハムスターはPC向けシミュレーションゲーム「ザ・コンビニ ネットバトル」をモバゲー向けにアレンジして配信する。


画像 スクウェア・エニックスのRPG「ELLEARK」は6月中旬から配信 (C)2008 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved.
画像 タイトーのRPG「ロードクエスト」は5月中旬から配信 (C)TAITO CORP.2008
画像 ハドソンの「エレメンタルモンスター モバゲーエディション」は5月下旬から配信 (C)HUDSON SOFT

 基本料金は無料にしてユーザーを集める戦略。収益は、ゲーム内で使えるアイテムの販売などで得て、DeNAとゲーム会社で分け合う形だ。ゲームポータル専用通貨「モバコイン」を新たに発行し、電子マネーやクレジットカードで購入できるようにする。従来の仮想通貨「モバゴールド」は広告をクリックすることなどで付与される仕組みになっており、購入することはできなかった。

「面倒くさいから、勝ち馬に乗る」とスクエニ和田社長

画像 DeNAの南場智子社長

 モバゲーではこれまで、気軽に楽しめるカジュアルゲームを中心に提供し、ゲームをライトに楽しむユーザーを集めて会員を拡大してきた。これに加え、ゲーム会社が開発した本格的なゲームを配信することで「コアゲーマー」にもモバゲー利用を拡大し、「モバゲーの利用をもっと“濃い”ものにしていく」と同社の南場智子社長は狙いを語る。

 ORSOを除く5社はこれまでに、独自に有料の携帯向けゲームを配信してきた。モバゲーで無料のゲーム配信を始めるのは「勝ち馬に乗ろうと考えたから」とスクエニの和田洋一社長は説明する。


画像 スクエニの和田洋一社長

 和田社長によると、携帯サイトにゲームを提供する際の判断基準は「どれだけユーザーが集まっているか、使えるアプリケーションやビジネスモデルに柔軟性があるか」。「DeNAの企画力には敬服している。『こんなものがあるといいな』と思い付いても、すでにDeNAがやっていて、毎回やられた、もっていかれたと感じていた」という。「いろいろと考えるのは面倒くさいから勝ち馬に乗る」

 携帯向けゲームサイトを運営しているワークジャムの山口孝社長も「田舎にショッピングセンターを作っても人は集まらない」と話し、会員1000万人以上のモバゲータウンの集客力に期待を込めた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -