ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年04月17日 08時45分 UPDATE

MS、組み込みOS製品ブランドを刷新、戦略ロードマップを発表

Microsoftが組み込みOS製品のブランド名を「Windows Embedded」に統一し、製品体系を4分野に整理した。

[ITmedia]

 米Microsoftは4月15日、組み込み分野向けOSの戦略ロードマップを発表するとともに、製品を整理統合し、ブランド名を「Windows Embedded」で統一することを明らかにした。

 既存の組み込みOS製品については、次のバージョンがリリースされるまで現行の名称で販売される。Windows Embedded製品群は、以下の4ブランドへと統合される。

  • Windows Embedded Standard:Windows XP Embeddedの次世代バージョンで、「Tech・Ed North America」のイベントに合わせて6月3日の製品ローンチを予定している
  • Windows Embedded Compact:Windows Embedded CEの次世代版。次の製品リリースは2009年の予定
  • Windows Embedded Enterprise:現在のWindows Vista、Windows XP for Embedded Systemsで構成されるもので、組み込み機器の開発専用にライセンス供与される
  • Windows Embedded POSReady:Windows Embedded for Point of Serviceの次世代バージョンになる。次の製品リリースは2009年の予定

 またMicrosoftは、組み込み開発者の資格認定プログラム「Windows Embedded CE 6.0 Certification」を新設、認定試験「Exam 70-571: TS: Microsoft Windows Embedded CE 6.0 Application Development」を、5月5日より実施する。受験料は125ドルで、世界各国の試験センターで受験できる。無料の試験ガイドはMSDN Embedded Developer Centerでダウンロード可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.