ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年04月17日 08時54分 UPDATE

エプソン、E Ink電子ペーパー専用ICを量産

セイコーエプソンが、米E Ink製電子ペーパー専用のコントローラICを同社と共同開発し、8月から量産する。

[ITmedia]
photo

 セイコーエプソンは4月16日、米E Ink製電子ペーパー専用のコントローラICを同社と共同開発し、8月から量産すると発表した。電子ペーパーのユーザーインタフェースを改善し、幅広いE Inkアプリケーションの開発に貢献するとしている。

 4096×4096ドットの高解像度表示に対応しながら、ホストCPUに負荷をかけずに従来製品より高速な描写・部分書き換え、32階調グレースケール対応などの機能をサポートするのが特徴。外付け温度センサーインタフェースも備え、温度補正した信号を電子ペーパーに供給することで表示品質を最適化できるという。

 サンプル価格は1800円(税抜き)。月産10万個以上を計画している。評価キット「AM300」はE Inkが販売する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.