ニュース
» 2008年04月18日 08時35分 UPDATE

星明かりでも画像認識 ロームと産総研、非シリコン系超高感度センサー開発

ロームと産総研は、星明かり程度の暗いところでも画像認識が可能な超高感度イメージセンサーを開発した。暗所から明るいところまで認識できる車載カメラや防犯カメラ、バイオメトリクス分野などへの応用が期待できるという。

[ITmedia]
photo CMOSセンサーとの比較

 ロームと独立行政法人・産業技術総合研究所 太陽光発電研究センターはこのほど、星明かり程度の暗いところでも画像認識が可能な超高感度イメージセンサーを開発した。暗所から明るいところまで認識できる車載カメラや防犯カメラ、バイオメトリクス分野などへの応用が期待できるという。

 次世代の太陽電池材料として期待されている非シリコン系材料「CIGS」(CuInGaSe2:銅・インジウム・ガリウム・セレン)を使ったイメージセンサーを開発。星明かり程度の0.001ルクス相当の暗所で画像認識に成功した。

 シリコン系のCCDやCMOSセンサーでは0.1ルクス以下の暗所での画像認識は難しかった。CIGSは光の吸収係数がシリコンに比べ約100倍と高く、光電変換素子として活用したイメージセンサーの開発を進め、シリコン系と比べ約100倍の高感度化を実現した。近赤外域でも画像認識な帯域の広さも特徴という。

 ロームは今後、微細化による高精細化や画素ばらつきの低減などを進め、商品化を目指して開発を続ける。

関連キーワード

産総研 | CMOS | CCD


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -