ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2008年04月21日 08時42分 UPDATE

ホンダ、自動車関連盗難の多発地点情報をWebサイトでも提供

ホンダは、自動車関連盗難事件の多発地点情報をカーナビとWebサイトで提供するサービスを4月22日に始める。カーナビに加え、Webサイトで一般公開することで注意を喚起する。

[ITmedia]

 本田技研工業は、自動車に関連した盗難事件の多発地点情報をカーナビとWebサイトで提供するサービスを4月22日に始める。大阪府警と試験運用してきた情報提供を拡大し、14都府県警と共同で実施。カーナビに加え、Webサイトで一般公開することで注意を喚起する。

photo サイト上での表示イメージ

 情報提供は警視庁(東京)、大阪府警、福島、千葉、埼玉、群馬、愛知、岐阜、三重、兵庫、奈良、和歌山、広島、大分の各県警の管轄エリア。ただし警視庁はカーナビのみとなる。

 「インターナビ・プレミアムクラブ」対応ナビの「internaviドライブ情報」メニューに、「自動車盗難多発地点情報」と「車上ねらい等多発地点情報」を設定。現在地か目的地周辺が情報提供エリアの場合、多発地点を近い順に表示する。多発地点の「危険度」と過去の発生件数も表示する。

 「インターナビ・プレミアムクラブ」の一般向けサイトで、「出発時刻アドバイザー体験版」を利用したルート検索時にも、同様に多発地点を表示する。会員専用の「ドライブプランニング」でも利用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.