ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年04月23日 09時37分 UPDATE

マツダ、日本IBMへのアウトソーシング契約を2015年まで延長

マツダは、日本IBMと結んだ戦略的アウトソーシング契約を2015年まで5年間延長する。

[ITmedia]

 マツダは4月22日、日本アイ・ビー・エム(日本IBM)と結んだ戦略的アウトソーシング契約を、2015年まで延長すると発表した。情報システムの開発・運用に加え、人材交流などを通じてマツダ側のノウハウの拡充も進めていく。

 1999年12月から10年5月までの契約を5年間延長する。マツダの業務を領域ごとに分類した上で、マツダの情シス部門と日本IBM子会社・日本IBM中国ソリューションが連携して各領域のIT活用を進める。情シスの戦略立案とエンジニアリング領域のシステム開発・運用はマツダが独自に行う。

関連キーワード

IBM | アウトソーシング


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.