ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年04月23日 12時55分 UPDATE

eBay、出資先のCraigslistを提訴

eBayは、Craigslistの少数株主。この訴訟は、CraigslistがeBayの株主持分を希薄化するような「一方的な行為」を行ったとしている。

[ITmedia]

 米eBayは4月22日、出資先の米Craigslistの取締役2人が違法行為を行ったとして、米デラウェア州の衡平法裁判所に提訴したと発表した。

 eBayは2004年に、Craigslistの少数株主として28.4%の株式を取得した。

 問題の取締役クレイグ・ニューマーク氏とジム・バックマスター氏は今年1月、「eBayの経済的持分を10%以上も不当に希薄化させる」処置を取った。eBayは、両取締役のこの「一方的な行為」が、デラウェア州の会社法の受託者義務違反に当たるとみている。

 eBayは両氏の行為を具体的に明らかにしていないが、「2004年の出資交渉以来、当社は少数株主として、オープンに、誠意を持って行動してきたので、最近の一方的な行為には驚いている」とコメント。結果として「当社および当社のCraigslistに対する出資は不利益をこうむった」として、裁判所に対し、両氏の行為の撤回を求めている。

関連キーワード

eBay | Craigslist | 提訴


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.