ニュース
» 2008年04月24日 07時54分 UPDATE

QuickTimeにゼロデイの脆弱性発見

AppleのQuickTimeの脆弱性情報が公開された。Windows版のQuickTimeが影響を受ける可能性がある。

[ITmedia]

 US-CERTは4月23日、AppleのメディアソフトのQuickTimeに脆弱性が発見されたと伝えた。

 それによると、第三者がユーザーをだまして細工を施したQuickTimeファイルを開かせると、任意のコードを実行できる可能性がある。悪質なサイトや正規サイトを改ざんしてこうした手口を使うなど、攻撃経路は複数存在するとみられる。

 この脆弱性は、Windows XP/Vista版のQuickTimeが影響を受けるとの情報があり、パッチを完全に当てている状態でも影響を受ける可能性がある。

 US-CERTはユーザーに対し、どのようなQuickTimeファイルを開く場合でも常に注意するよう呼びかけている。

関連キーワード

QuickTime | 脆弱性 | Apple | Windows Vista | Windows XP | ゼロデイ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -