ニュース
» 2008年04月25日 17時53分 UPDATE

Yahoo!、オープンプラットフォーム戦略を発表

第一弾として、開発者がYahoo!検索を活用できるSearchMonkeyをプレビュー公開した。

[ITmedia]

 米Yahoo!は4月24日、開発者やパブリッシャーが同社のサービスやデータを活用できるオープンプラットフォームを提供する戦略「Yahoo! Open Strategy(Y!OS)」を発表した。

 同社はこれを「Yahoo!をrewireする(つなぎ直す)」取り組みとしており、この計画の下、Yahoo!の各種サービスのユーザープロフィールデータをまとめる統一ソーシャルプラットフォームや、外部の開発者がYahoo!サービスを活用できるアプリケーションプラットフォームを提供する。

 開発者向けプラットフォームの第一弾となるのが、Yahoo!検索を活用できる「SearchMonkey」プラットフォーム。これはYahoo!が2月に発表したもので、24日にプレビュー公開された。

ah_SearchMonkey.jpg SearchMonkeyロゴ

 SearchMonkeyは、Webサイトオーナーや開発者がYahoo!検索結果をほかのデータと組み合わせることを可能にする。Webサイトオーナーは、Yahoo!検索結果に画像など独自のデータを直接加えられる。例えば、レストランレビューサイトがYahoo!の検索結果に独自のレビューを組み込んで表示するといったことが可能だ。また開発者はSearchMonkeyを使って、カスタマイズした検索結果を活用するアプリケーションを構築できる。

ah_after.jpg

 SearchMonkeyのプレビュー版は限定公開中であり、Yahoo!のサイトから申し込みできる。

関連キーワード

Yahoo! | 検索


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -