ニュース
» 2008年04月30日 08時08分 UPDATE

オープンソースのブログソフト、アップデートで深刻な脆弱性に対処

WordPress 2.5.1ではセキュリティ問題の解消に加え、70件以上のバグを解消している。

[ITmedia]

 オープンソースのブログ作成ツール「WordPress」に深刻な脆弱性が見つかり、この脆弱性を解消したアップデート版のWordPress 2.5.1がリリースされた。

 セキュリティ企業のSecuniaによると、脆弱性が見つかったのは「WordPress 2.5」で、2件の脆弱性が存在する。問題を悪用するとクロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃を仕掛けたり、セキュリティ制限を回避したりできるほか、システムを乗っ取ることも可能になる。

 Secuniaの危険度評価は、5段階で上から2番目に高い「Highly critical」となっている。

 WordPressのブログによると、アップデート版ではセキュリティ問題に加え、70件以上のバグも解消した。ユーザーに対し、直ちにアップデートするように呼び掛けている。

関連キーワード

脆弱性 | ブログ | オープンソース


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -