ニュース
» 2008年05月07日 08時20分 UPDATE

SQLインジェクションワームが猛威、4000サイトが感染

Webサイトに感染してスクリプトとiframeを仕掛けるワームが出回っている。

[ITmedia]

 SANS Internet Storm Centerは5月6日、Webサイトに感染して不正コードを仕掛けるSQLインジェクションワームが「猛威を振るっているようだ」とWebサイトで伝えた。

 このワームは4月半ばごろから活動を始めたとみられ、Googleで検索すると感染サイトが約4000件も見つかったという。

 データベースに侵入する手口は不明だが、感染したサイトには不正なスクリプトとiframeタグが仕込まれる。ユーザーが感染サイトを訪れると、RealPlayerの脆弱性を突いてマルウェアに感染させる仕掛けになっているという。

関連キーワード

SQL | iframe | インジェクション | 改ざん | RealPlayer


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -