ニュース
» 2008年05月07日 10時36分 UPDATE

Sun、「OpenSolaris OS 2008.05」を正式リリース――Amazon EC2でも提供

SolarisベースのオープンソースOS最新版がリリースされた。

[ITmedia]

 米Sun MicrosystemsとOpenSolaris Communityは5月5日、「OpenSolaris OS 2008.05」をリリースした。併せてOpenSolaris Communityのロゴを一新、サイトも新設した。OpenSolarisは新サイトから無償でダウンロードできる。

solaris

 OpenSolarisは、デフォルトファイルシステムとしてZFSを採用する初めてのOSとなる。またサードパーティー製アプリケーションとの統合を容易にする新しいパッケージ管理システム「Image Packaging System」(IPS)や、実行中のサーバ情報をいつでも取得できる「DTrace」を備える。1枚のCDでOpenSolarisを起動し、機能を試せるLive CDも無料で提供される。

 また、米Amazon.comの仮想サーバによるホスティングサービスAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)で、OpenSolarisサーバ機能をオンデマンド提供するサービス「OpenSolaris on Amazon EC2」を開始した。現時点では招待制β版の段階。SunがOpenSolaris on Amazon EC2ユーザーに対して無料テクニカルサポートを提供する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -